院長ブログ

HOME > 院長ブログ
院長ブログ
MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

浦安せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

浦安せきぐちクリニックは難病指定医です

記事一覧

関節リウマチ~どのような病気ですか?

2013年4月1日

「関節リウマチについてご存知ですか?」と尋ねますと、「知らない」、「温泉の効能に書いてある病気」、「お年寄りの関節が痛くなる病気」というようなお答えがかえってくるほど知られていないのが現実です。
実は、300人に1人が罹っていて、30~50歳代に多く、女性の占める割合が男性の4倍という比較的ありふれた病気です。

どのような症状が出るかというと、典型的には、「だるい」、「食欲がない」、「熱っぽい」という漠然とした症状で発症し、「疲れたせい」と放っておくうちにだんだんと、「手が握りにくい」、「手足の曲げ伸ばしがしにくい」と言った「こわばり」の症状や指先から数えて第2、第3(拳のところ)の関節が腫れて痛むといった症状がでるようになります。女性であれば指輪が外せないということで病気に気づくこともあります。他に手首や足の指などの小さい関節にも手指と同じ頻度で腫れと痛みの症状がでて、次第に足首、膝、肘、肩、股関節という大きな関節にも症状がでるようになります。多くの場合、関節の腫れや痛みは左右対称に起こるのですが、片側だけの場合もあり、左右対称ではないから関節リウマチではないというのは間違いです。

関節リウマチという病名から、関節だけの病気と思われる方もおられますが、間質性肺炎、貧血、骨粗しょう症、眼症状、皮膚症状などを合併する全身的な病気です。

大切なことは症状出現から半年放置すると治療しても決して戻すことのできない関節の破壊が起きることです。さらにそのまま放置した場合、10年後には寝たきりになる結果、寿命も縮み悪性リンパ腫という血液の癌に匹敵するほど生命の危険を伴うようになります。

今回から、少しずつ関節リウマチについて取り上げていきたいと思います。

新体制

2013年3月31日

4月から毎週木曜日は順天堂大学付属浦安病院膠原病内科の池田圭吾准教授をお招きし、専門外来を始めます。

これでよりいっそう診療の質が高まります。
電話予約が必要ですのでよろしくお願いします。

せきぐちクリニック通信(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

2013年1月25日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニック院長の関口です。

せきぐちクリニック通信を始めました。

よろしくお願いいたします。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る