院長ブログ

HOME > 院長ブログ
院長ブログ
MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

浦安せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

浦安せきぐちクリニックは難病指定医です

記事一覧

エタネルセプトBS皮下注50mg「MA」

2018年7月22日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科の浦安せきぐちクリニックの院長、関口です。

エタネルセプトのバイオシミラであるエタネルセプトBS「MA」が早くも品薄の危機に直面しております。

エンブレル®︎の薬価の約42%オフという魅力的な薬価のため、全国的にエンブレル®︎からの変更が相次いでおり、その勢いが予想外であった様です。

来年には、製造体制が整うと製薬会社からお話をいただきました。

熱中症

2018年7月20日

高気圧が重なり合うと地表面では、熱が発生しやすくなります。夏の日差しは、さらに地表面を熱します。湾岸地域の湿度は、先日、産業医巡視の際に、ディズニーランド近くで測定してきたら90%でした。

湿度は、汗の蒸発の妨げとなります。都市化にともなうアスファルト、ヒートアイランド現象など今月は熱中症を起こすのに最適な条件が揃っております。

水分補給は、汗の供給源として大切ですが、その汗が乾かないと意味がありません。だから、気温の高いときに水温も上がっているプールで、熱中症がおこるのです。

体温を下げるために汗が乾くことが大切です。ただ、「水分補給」とだけお伝えするのは片手落ちです。汗をどのようにしてかいて、そして汗をうまく蒸発させることを考えて行動すれば自ずと熱

中症対策になります。

今は、熱中症をおこす嵐が日本列島を覆っていると考えるべきでしょう。

嵐の時に、外を出歩く人は普通いませんよね。学校行事で、郊外学習などはもってのほかです。

熱中症にならないよう、屋外業務の方は、仕事の時間短縮、仕事開始時刻の見直しが必要です。

熱中症は、脳が茹で上がる、つまり、命とりになります。なってからではどうしようないのでならない工夫をしましょう!

新しいホームページ(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならば浦安せきぐちクリニック)

2018年7月8日

せきぐちクリニックの浦安せきぐちクリニックへの名称変更とともに新しいホームページを作ってみました。

http://www.urayasu-sekiguchiclinic.comです。是非、ご覧ください。

なにか変更すべきところがあれば、お会いした時に教えていただければありがたいです。

これからも宜しくお願いします。

トシリズマブ(アクテムラ®︎)点滴治療中の肝機能検査異常について

2018年7月1日

浦安せきぐちクリニックの院長、関口です。

トシリズマブ(アクテムラ®︎)点滴中の肝機能検査異常についての論文の紹介です。

この論文では、平均3.9年のトシリズマブ(アクテムラ®︎)点滴治療中の4171人を調べ肝機能検査異常を呈したのは約6割、

約3%が肝機能検査異常のため中止されていました。

推奨されているのは、定期的に血液検査をして肝機能検査異常が続く場合は用量の見直しをするということでした。

定期的な診察と検査が大切なのは、言うまでもありません。

Genovese MC et al. Arthritis Rheumatol. 2017 Sep;69(9):1751-1761

エンブレル®︎皮下注25mgペン0.5mL処方

2018年6月19日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科の浦安せきぐちクリニックの院長、関口です。

以前、PRESERVE試験でエタネルセプト(エンブレル®︎)25mgでの効果について、お話させていただきました。

承認と処方できるようになる日が違うのが常ですので、いつになったらエンブレル®︎25mgのペン型を処方できるのかと待ちわびておられた方も多かったと思います。

平成30年6月18日より、やっと処方ができるようになりました。

朗報です。

名称変更のお知らせ

2018年4月11日

今年で開院10年を迎えるにあたり、先祖代々の地である浦安、浦安から発信している理想的な診療体系、皆様からいただいたご

好意を考え、「せきぐちクリニック」は名称を変更し「浦安せきぐちクリニック」とさせていただくことになりました。

より皆様に身近な、より良い当たり前の医療ができるようにという思いがございます。

今後もなにとぞよろしくお願いします。

エタネルセプト(エンブレル®︎)皮下注25mgペン0.5mL(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

2018年2月28日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニックの院長、関口です。

先日、”PRESERVE試験”について紹介いたしました。半分の量にエタネルセプト(エンブレル®︎)を減らしても大丈夫という試験でした。

そこで待望のエタネルセプト(エンブレル®︎)皮下注25mgペン0.5mLが製造販売承認取得となりました。

初期に50mgで治療し効果があった方に25mgへと減量するのですが、今まではシリンジしかなく打ちにくいという意見がありましたが

簡単に自己注射ができるペン型が揃い治療の幅が広がりました。

朗報です。

PRESERVE試験(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

2018年2月27日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニックの院長、関口です。

エタネルセプト(エンブレル®︎)の試験の中で、今の診療に必要な情報を与えてくれるのは、やはり”PRESERVE試験”です。

メトトレキサートという一般的なリウマチ治療の内服薬を使用したのにもかかわらず効果があまりでなかった方々に、エタネルセプト(エン

ブレル®︎)を追加併用して、効果がでたら、エタネルセプト(エンブレル®︎)が減量もしくは休薬できるかを調べたものが”PRESERVE試験”で

す。結果は、減量しても大丈夫な方々がいるということでした。

生物学的製剤は、その薬剤費が高額なゆえコストパフォーマンスがとても悪くなっております。減量するという治療方針が立てられるのは、

薬剤費が半分で済みますので、福音です。

東葛エリアリウマチ懇話会で発表(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

2018年2月21日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニックの院長、関口です。

2/20に、当院のアバタセプト(オレンシア®︎)のデータについて発表する機会を与えられましたので発表させていただきました。

やはり、高齢発症の関節リウマチの方に多く使われており、その病気の勢いも強い。そして、間質性肺炎や糖尿病などの合併症のある方に多

く使われる傾向がありました。これは、当院が膠原病内科であるからだと思います。細やかな注意をしなければすぐに感染症を起こしうる

方々に使用し、良好な成績をだすということは膠原病内科であるから可能だと言えるでしょう。

初めて縫合されました。(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

2018年1月14日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニックの院長、関口です。

先週の水曜日、往診に向かう途中、とびだしてきた自転車にぶつけられてしまいました。

相手の頭が右目の周りにあたり、大きく切り、ぱかっとさけて出血・・・・、意識も飛びました。

医師の性分か、気がついてから、あたりをみると相手も倒れていたので、大丈夫かと救助に向かいました。

幸い相手は、無傷で良かったです。

不審なのは、相手が私の救助を、「近よるな」と言わんばかりに断り続けていた点です。

血みどろの状態の人が、ふらつきながら必死の形相で大丈夫ですかと救助に来ていたのですから、恐ろしかったのだろうと思いました。

その後、病院で、人生初めての縫合を受けました。6針縫合・・・やや重症?。恐らく傷は残るだろう。

左目は、腫れ上がりとても痛い。内出血で、頬には縦に切り傷あり。貫禄がでました。

麻酔をしますと言われて、覚悟すると果たして、拳を握りしめて震えるほど痛かった。何回かのあとに痛覚はなくなり、縫合は無事終了となりました。

改めて医療行為には、痛みを伴うのだと実感し、よりいっそう医療行為をする際の申し訳なさというか、相手を気遣うことの大切さを感じました。

来週、当院の皮膚科の先生にお願いして抜糸してもらいます。これも痛いのだろうな・・・・。

クリニックの診療は、通常通りですのでご心配なく。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る