院長ブログ

HOME > 院長ブログ
院長ブログ
MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

浦安せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

浦安せきぐちクリニックは難病指定医です

記事一覧

心無い口コミ

2018年9月23日

浦安という場所柄、当院には英語圏の方も来院されます。そこで、ホームページの内容を英語で書こうとしてgoogleで当院のホームページを見ながら調整していると、口コミが書かれていることに気づきました。
気になりましたのでクリックしてみると、その内容には驚きました。
googleの投稿は、実名でないとスパム扱いとなり弾かれてしまいます。その内容に全く身に覚えがないのですが、一応その名前を調べてみましたが、やはり内容に該当する方は来院されておりません。
そのような方が、当院に対して悪意のある口コミを書いていました。
内容は簡単に言うと、「関節痛がひどくて当院を頼ってきたが、S医師が自分のつらいという訴えを相手にせず検査結果だけで判断をしてリウマチでないと一点張りのため、1年ほどつらい思いをした。そこで、他の大学病院に行くと簡単に診断され治療が始まったが、おかげでリウマチ治療が遅れてしまった」という内容のものでした。
この内容は、いつも、他院から当院を頼って来られた方から良く聞く内容です。当院が行なっている診療とは、まったく逆のことが書かれておりました。
私は、もともと小心者ですので尊大なことはできません。関節リウマチはご本人の症状が一番大切、これは私が大学病院時代500人の関節リウマチの方の統計結果からも明らかです。
その私が、二の次である検査結果のみで、関節リウマチでないと言い切ることはあり得ません。関節リウマチを心配されて、幸い変形性関節症という加齢と過度の使いすぎによる病気の診断となることも多いのですが、それでも、関節リウマチの可能性は0でないから、痛みが続いたり、自分で手を握ってみて痛いようならば、もう一度、拝見させてくださいと言うことを忘れません。
先日、他の方より別の件で感謝のお手紙をいただいたばかりです。
このような口コミを書いた方は、とてもかわいそうです。善意でとらえると投稿するクリニックを間違えたのかもしれませんが、「〜医師」という表現はまともな方ならば使わず「〜先生」と書くでしょう。このため、書いた方は医療関係者か業界関係者なのかなと思います。
当院が実際はどういうところかは、今、おいでいただいている方は良くご存知のはずです。その大切な方のためにも、このようないたずらに紛らわされず頑張ろうと思いました。
今後もよろしくお願いします。

新しいホームページ(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならば浦安せきぐちクリニック)

2018年7月8日

せきぐちクリニックの浦安せきぐちクリニックへの名称変更とともに新しいホームページを作ってみました。

http://www.urayasu-sekiguchiclinic.comです。是非、ご覧ください。

なにか変更すべきところがあれば、お会いした時に教えていただければありがたいです。

これからも宜しくお願いします。

名称変更のお知らせ

2018年4月11日

今年で開院10年を迎えるにあたり、先祖代々の地である浦安、浦安から発信している理想的な診療体系、皆様からいただいたご

好意を考え、「せきぐちクリニック」は名称を変更し「浦安せきぐちクリニック」とさせていただくことになりました。

より皆様に身近な、より良い当たり前の医療ができるようにという思いがございます。

今後もなにとぞよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。(浦安・新浦安・行徳・葛西・船橋のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のクリニックならばせきぐちクリニック)

2018年1月1日

浦安のリウマチ科・内科・皮膚科・泌尿器科のせきぐちクリニックの院長、関口です。

新年あけましておめでとうございます。今年も、より良い医療ができるように昨年以上に努力していきたいと思います。
今年は、皆様にとって、さらにお役にたてるような新たな試みを計画しております。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

抗核抗体

2014年11月28日

抗核抗体は、膠原病を調べる場合には必須の検査項目です。細胞の中の核に反応するもの(抗体)があると、この検査で染色されてきます。

核の成分は色々あるため、これに反応する 抗体も色々な種類があります。この検査は、これらの色々な種類をまとめて表したものです。

膠原病は、症状と検査結果をもとに、診断しますので、この検査が陽性だからといって、 即、膠原病というわけではありません。

この検査が陽性の場合、考えうる病気は、全身性エリ テマトーデス、混合性結合組織病、全身性硬化 症(強皮症のこと)、 シェーグレン症候群などです。

膠原病講座

2014年7月19日

抗リン脂質抗体症候群

無症候性の抗リン脂質抗体陽性患者は、血栓症や妊娠合併症がない場合、抗リン脂質抗体陽性でも抗リン脂質抗体症候群とは診断できない。
無症候性抗リン脂質抗体陽性患者の年間血栓症発症リスクは高々3.8%(SLE患者を対象とした研究)。
よってが陽性だけでは一次血栓予防のアスピリンの有用性の裏付けなし。

虚血発作をおこしたほとんどの抗リン脂質抗体陽性患者は、ワーファリン投与を受けているが、これは後ろ向き研究によればアスピリンよりも有効性が高いとされたためだが、心房細動や高度の狭窄のない抗リン脂質抗体陽性患者では、アスピリンとは有効性、大出血の合併症に関して同等。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る