院長ブログ

HOME > 院長ブログ
院長ブログ
MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

浦安せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

浦安せきぐちクリニックは難病指定医です

2016年1月

早く当院に来てくだされば・・・。

2016年1月9日

8年前、妻が癌におかされていることがわかり、できうる限りのことをしてあげたいと大学病院の常勤から非常勤医師となった。
高額な医療費や養育費など生活に困り、大学病院に行かないときには短期のアルバイトをして糊口をしのいでおりました。

その妻も昨年に現世の住人ではなくなった。

クリニックの院長となって8年、自分は医師として何ができるのか? 改めて自分に説いてみる。

関節リウマチの治療しかない。

関節リウマチの治療法としては、薬物療法、手術療法、リリテーションなどが挙げられますが基本は薬物療法が中心となります。

近年、治療薬は急速に発展しており、早期発見・早期治療をすれば症状が改善する方は増え、実際に関節手術をされる方は減少しています。
手術にいたる方は、私がリウマチ専門医になる前の良い治療がなかった時代の方々ばかりですが、それでも主治医の熱意で何とかコントロールし安定しているという方もおられます。

やはり、医師は病気ではなく人を診るということです。

今の先生が、よく診てくれないのでなど悲しい訴えで当院に来られる方が目立つようになりました。
見てみると手首は腫れて脱臼している。

「もっと早くあなたに出会いたかった。」
よく、来られる方に言ってしまいます。

一つの関節が腫れて痛む・・・何を考える?

2016年1月8日

一つの関節だけ腫れて痛むときは、以下を考えて治療にあたっております。

痛風や偽痛風などの結晶が関節にたまって引き起こされる結晶誘発性関節炎
怪我などの外傷性関節炎、外反母趾など。
細菌感染による化膿性関節炎、蜂窩織炎など。

とても怖い病気です!

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る