院長ブログ

HOME > 院長ブログ
院長ブログ
MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

せきぐちクリニックは難病指定医です

2015年9月

過敏性腸症候群

2015年9月27日

過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)は頻度が高い消化器病でストレス関連疾患である。

Rome III 基準において、「腹痛あるいは腹部不快感が最近 3カ月の中の1カ月につき少なくとも3日以上は生じ、その腹痛あるいは腹部不快感が
1)排便によって軽快する
2)排便頻度の変化で始まる
3)便形状の変化で始まる
の3つの便通異常の2つ以上の症状を伴うもの」と定義され便形状によって便秘型,下痢型,混合型,分類不能型の 4 型に分類されている。

診断は特徴的な症状と主要な器質的疾患の鑑別により行う。

感染性腸炎 により罹患率が高まる。生物学的マーカーが追求されtumor necrosis factor-α、interleukin-1βなどのサイトカイン、神経再生に関与するbrain derived neurotrophic factor、腸内細菌とその産物の一定の役割が解明されつつある。

網状赤血球

2015年9月1日

外来をしていると網状赤血球とは何と聞かれますので、説明します。

赤血球の元は骨髄でつくられだんだんと成熟していきます。
そして成熟した赤血球の一段階前の未熟なものを、色素で染めて顕微鏡で観察するとRNAという物質が網目状に見えるため網状赤血球というネーミングとなりました。

2日ほどで成熟した赤血球となります。
網状赤血球数の測定値は、赤血球数に対する比率(%)で表し、基準値は0.5~1.5%です。
高値のときは溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血などを、低値のときは再生不良性貧血、骨髄線維症、急性白血病などを考慮します。

なお、溶血性貧血や出血では、網状赤血球数に異常が反映されるまでに1週間かかるため、再度検査をすると良いです。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る