院長ブログ

HOME > 院長ブログ
院長ブログ
MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

せきぐちクリニックは難病指定医です

2014年6月

内科医として、残念に思うこと。

2014年6月30日

リウマチ科を掲げているせいか、「今、他の先生に糖尿病と脂質異常症でみてもらっていますが先生に関節リウマチの治療のついでに内科の病気を診てもらえますか?」と質問されることがあります。
かかっているクリニックを教えていただくと泌尿器・内科で糖尿病と脂質異常症を診てもらっているということでした。

これは、結構落ち込みます。
なぜなら、私は総合内科専門医かつ日本糖尿病協会登録医だからです。
リウマチ学は内科の基礎知識のうえに成り立つわけですからリウマチ科総合内科と標榜したいのですが厚生労働省が許しません。

内科とはいったい何なのでしょうか?

皆様には、わかりにくいと思いますが、だいたいどんなところでも内科というものは標榜されてしまいます。
平成20年より前に開業すると、どんな科目でも標榜できました。院長一人しかいない診療所・クリニックでも内科・皮膚科・外科・整形外科・小児科という具合にです。こんな看板を見たことありますよね。
泌尿器医が開業すると、開業コンサルタントの悪知恵ですが患者集めのために必ずと言ってよいほど泌尿器・内科となります。
外科医が開業する場合には、標榜科はもちろん外科・内科です。脳外科医が開業しても標榜科はもちろん脳神経外科・内科です。皮膚科医では、あまり目にはしませんが内科を標榜し診ておられるところもございます。

内科はどれだけ軽視されるのでしょうか?
もちろん、内科医ではなく内科を標榜されている先生で日々切瑳琢磨されその知識と経験が尊敬に値する方もいらっしゃいますが、あたかもセット項目で内科と標榜されると少なからず残念に思うのです。

すこし愚痴をこぼしました。

関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドライン

2014年6月30日

日本リウマチ学会による関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドラ インでは治療のアルゴリズムが提唱されている。

関節リウマチ患者における呼吸器症状は一般的なウイルス感染症、細菌感染症以外にも様々な原因により出現し、たとえば原疾患である関節リウマチに伴う呼吸器合併症やメトトレキサートを中心とした薬剤性肺炎、さらには治療および関節リウマチに伴う免疫異常状態により惹起される日和見感染症が原因となる肺炎がある。この管理が徹底されないと、関節リウマチの関節の痛みや腫れは良くなっても、命とりになることがある。

一般的な細菌感染症であれば抗生剤が効果的であるため、事なきを得る方もおられますが、しかしながらその鑑別は重要です。関節リウマチに伴う特有の肺病変に伴う発熱・咳嗽・呼吸困難であれば診断の遅れがしばしば生命予後に影響を及ぼす。よって発熱・咳嗽・呼吸困難の原因を鑑別することが要と考えられアルゴリズムの提唱となった。

抗生物質

2014年6月1日

抗生物質使用の原則は、なんだと思いますか?

「必要な人に使い、不要な人に使わない」です。

調べてみると、オランダやドイツは「かぜ」に抗生物質は使いません。
その反対に、イタリア、フランス、ベルギー、スペインなどは抗生物質乱用そのものです。医師の処方箋なしでも自由に薬局で抗生物質を購入できる国もあるので、その使用法は滅茶苦茶です。

アメリカは証拠に基づく治療ということを良く言う国にもかかわらず、抗生物質を希望したのに医師が処方せず、結果、細菌感染で亡くなった場合、訴訟でまず医師かが負けてしまうこともありうるので処方されます。
細菌感染症ではないのですが、かぜをこじらせて細菌による肺炎になってはいけないと予防目的で抗生物質が使われていたりします。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る