当院で行っている治療

MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。詳しくはお問い合わせください(TEL:047-306-3557)

クリニック概要
せきぐちクリニック 外観

当院の駐車場がいっぱいか停めにくく、50m先のベアビルタワーパーキングに駐車された場合は、1時間無料券を差し上げます。

せきぐちクリニック
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-17-27
TEL. 047-306-3557
駐車場・駐輪場有
→アクセス・地図

診療時間
9:00~12:30/15:00~18:30
休診日:水曜日午後 日曜 祝日

診療時間外は、セキュリティーのためエレベーターが使用できなくなっております。原則、午前は8:45から、午後は14:45からお入りになることが可能です。御用の場合はインターホンをお使いください。

せきぐちクリニックは難病指定医です

皮膚科

いぼ

いぼが出来る原因は、いぼウイルスによるもの、老化によるもの、そして紫外線の影響によって出来るものがあります。

ウイルス性のいぼ

ウイルス性のいぼで代表的なものは「ヒトパピローマウイルス」です。主な感染経路として、プールや公衆浴場などでいぼのある人からの感染が最も多いと言われています。
主に手や足にできますが、他の部位にも広がっていくことがあります。

ウイルス性いぼの治療法は液体窒素による冷凍凝固法を行います。

老化や紫外線の影響によるいぼ

老化や紫外線の影響によるいぼは、脂漏性角化症また老人性いぼともいい、紫外線の影響による皮膚の老化現象の一つとされています。

発症年齢は早い方で30歳代から、多くは40歳以降に発症し、年齢を重ねるほど増える皮膚の良性腫瘍です。多くは、顔、頭、前胸部、背部にみられますが、全身どこにでも発症することがあります。

脂漏性角化症は、一見するとシミのように見えるのですが、シミは平坦であるのに対し多少盛り上がっています。

脂漏性角化症の治療法は液体窒素による冷凍凝固法を行います。

治療法

いぼの治療法として使われる方法が、液体窒素による冷凍凝固を行う液体窒素冷凍療法です。

この治療法は、1回で治ることもありますが、不十分な場合は1週間~2週間ごとに行うことで治療していきます。また、液体窒素冷凍療法では治療後に強い炎症が起こることで、稀に治療部に瘢痕が残ることがあります。

問診票ダウンロード( 皮膚科 )

以下のリンクから問診票をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

以下のリンクから問診票(リウマチ科は初診用と再診用があります)をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してご来院いただきますと、比較的スムーズにご案内することができます。ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る